加齢と口臭の関係

お口のトラブルは様々ですが加齢による口の渇き「ドライマウス」が近年増加しています。

また歯周病は40代以上の約半数がかかっておいると言われます。(3544歳で27%、4554歳で43%<2005年厚労省データより>特に口臭はドライマウスや歯周病が原因で発生することが多い症状ですが気にしている人が多い割にケアしている人は少なく効果的なケア方法がわからず放置している姿が見てとれます。

自分でできる口臭チェック方法

3.3万人のうち約10%が「自分の口臭を気にしている」そうです。<現厚労省1999年度調査>しかし自分では気が付きにくいのが口臭でもあります。
チェックの方法は簡単です。
①舌が白くなっていなか確認する(白い汚れを舌苔といいます)
②手を舐め完全に唾液が乾いてからにおってみる
③コップやごみ袋に息を吐きにおってみる

より正確に知りたいときは市販で

「口臭チェッカー」も売っていますので厳密に調べるのもお勧めです。

口臭対策にはどんなことがある?

①水分の補給・・口の中が乾燥

しているとバクテリアが繁殖し口臭につながりやすくなります。こまめな水分補給を。

②ガムをかむ・・ガムを噛むと唾液がまし口臭予防につながります。キシリトール入りなら虫歯予防にもなりますね。
③丁寧な歯磨き・・すみずみまで磨くのは大変ですが、歯間ブラシなどを使用し歯の隙間もケアをしましょう。
④舌苔もキレイに・・・
朝起きて歯を磨く際に専用のアイテムで舌もキレイに。

ただし頻繁に行いすぎると粘膜を傷つけてしまい、

かえって口臭の原因になる場合もあるので注意が必要です。